零細商工人たちの経済的安定に役立てることを目的としています。

コロナの再拡散により、全国の数多くの小商工人の方々が エラーに見舞われていると思います。 一確診者数が1,000人に達し、カフェや食堂、インターネットカフェなどは、再び9時以降と運営が制限されました。 「政府と様々な金融機関はこれまでコロナによって被害を受けた小商工人たちのために、低金利融資商品を出すなど様々な支援を惜しんできましたが」 今回は集合禁止業種のためのオーダーメイド型被害支援対策が出たそうです。 そこで今日は、集合禁止業種1000万ウォンの融資について学び、小商工人2次融資の金利と保証料率引き下げのニュースについて学ぶ時間を設けたいと思います。

●集合禁止業種、1000万ウォン融資

これは、コロナの3回目の拡散により被害を受けている小商工人のためのオーダーメイド型支援対策です。 集合禁止業種を運営している小商工人の生計が社会的距離を置くことにより不安定になったため、このような決定を下したことですが、重要な点は従来の小商工人向け融資の利用の有無に関わらず利用が可能です。


今回の支援制度により、全国にある10万社が援助を受けられると予想されていますが、保証料減免の特典により融資資金を借りられるだけに、経済難に陥っていた小商工人たちに大いに役立つものと予想されます。

●集合禁止業種、1000万ウォン融資条件

1.保証料

– 融資を受けた最初の年は保証料が免除され、保証料が2~5年目は年0.6%が適用されますが。 現在は年0.9%の保証料率を持っていますが、この保証料率を0.3%引いてくれるそうです。


2.貸出金利

– 貸付金利の場合、零細商工人2次貸付の金利が年最低2%から最大4%でしたが、これよりもさらに低くなるといいます。 비대면 폰테크 これは銀行界の自律的な決定によるものですが、一律には引き下げられない見通しですが、まもなく集合禁止業種の小商工人特別支援の金利を発表する予定だそうです。


3.融資限度額

– 融資限度額は1業者につき1000万ウォンです。 計1兆ウォンの予算を投じて進められる 賃借料融資プログラムです。


4.支援対象

– 集合禁止、集合制限業種がその対象ですが、計10万社が支援対象に含まれます。

集合禁止業種1000万ウォン融資申請

今回の特別支援は2021年1月18日より開始されます。 自営業者向けの2次貸付を行っている12の都市銀行と6121の地方銀行から申し込みが可能です。 このうち、9行では携帯電話のアプリやインターネットのウェブサイトからオンライン申請もできます。


自営業者、2回目の融資保証料率引き下げへ

さらに金融当局は、零細商工人への第2次貸付の支援金を早期になくすため、保証料率を引き下げることにしましたが、初年度に利用者が支払わなければならない保証料率の割合は0.9%でしたが、これを0.3%に引き下げました。 小公人2次ローンの平均的な貸付限度額は、約2千万ウォンです。


●小商工人への第2次融資金利引き下げ

本来の小商工人2次貸付プログラムの金利は、年4.99%程度でしたが、1%下がった3.99%が適用されますが、距離を置くことによって小商工人の経済的困難がさらに深刻になることが予想され、小商工人の経済的安定に役立つようにするためだそうです。


このほかにも、低金利で2千億ウォン規模の緊急経営安定資金や2兆4千億ウォン規模のコロナ19被害中小企業特例保証を受ける可能性がありますが、このような支援制度により、高い金利に悩まされざるを得なかった金融疎外階層の負担が一層軽減できるという見通しが出ています。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다